【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2015年05月13日

10年間と、半年間

さて、30歳になりました。
あーあ、そろそろ「期待の若手」とか言ってもらえないじゃん。
ま、若いころだってそんなに言われてはなかったんだけどさ。なんせあんまり期待されてなかったから。

まだまだ「大学卒業して2,3年活動して、最近小劇場のなかじゃちょっとは知られてきたんじゃない?」くらいのつもりでいたのですが、もっと全然時間経ってた。

30歳という節目の年なので、否が応にも10年間を振り返ってしまいますが、千葉県の片隅でアガリスクエンターテイメントを始めたのが20歳のときだったので、20代のこの10年間はまるまる演劇活動に、アガリスクに費やしてきたというわけですね。
おぉぉ、なんか…気が遠くなるな…。

でも、全然後悔はしてなくて、多分10年前に戻ったとしてもやっぱり劇団作ってコメディやると思います。
もっと早く東京に出るけどな。

ということで、さっくりと誕生日アピール兼アガリスク10周年アピールをしたところで本題です。
アガリスクエンターテイメントは劇団設立10周年を記念して、初の東西ツアー&大型ホール公演をします。

アガリスクエンターテイメント十周年記念興行・第21回公演『ナイゲン(全国版)』

10月に東京の元・学校の施設と京都の元・学校の施設で教室公演(ルーツが国府台の教室演劇だけにやたら燃えるものがある)をやったあと、11月に新宿の格闘技興行にも使われる400〜500人規模のホールでフィニッシュする、今までで最大の公演をします。
で、もちろん関西圏も冒険なんだけど、いつもやってる新宿でも400〜500人のキャパで何回か上演するというのがチャレンジすぎます。皆さん覚えておいてください、11.13(金)〜11.14(土)の新宿FACEです。

少しでも皆さんのお力を借して頂きたい、そしていつもみたいに2週間やってて口コミで徐々に来てもらうなんてのが通用しないので、今のうちから11月まで是非覚えておいて頂きたい、と思ってます。

なので、これからジャスト半年間、ナイゲン(全国版)の特設ページの最新情報のコーナー(要はブログですね)を中心に更新していきます。ナイゲンという作品についての裏話や経緯、そしてこの興行についての色んな情報を。出来たら毎日。
よかったらこちらも覗いてみてください。

ナイゲン(全国版)特設ページ-最新情報

宜しくお願いします。

他にもナイゲンまでの間にご案内したいお知らせ事がたくさんあるので、それもまとめて次の記事かなんかで書きますね。



posted by 冨坂 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。